Featured

着物買取は失敗しやすい。

着物買取で失敗しないためにも、査定を受けるときに着物や反物の証紙を添えて出してください。反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、一定の基準を満たした製品であることを明確に示している登録商標のことなのです。証紙は捨てられたり探しても見当たらないという方もいるようですが、付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、査定までに見つけておいてください。着物を売ってみよう、と考える方は誰でも最大の関心事は自分の着物の価値を、十分認めた値段になるのかなのでしょうね。

着物の買取には相場があるのか、と聞かれると、相場はあってないようなものです。品質をはじめ、保管状態、丈や裄などのサイズによって、そうした条件を全部考え合わせて査定されます。着物の価値をよくわかっている鑑定士に査定してもらうのがベストです。査定は無料で行うのが当たり前になっているので着物を売りたいと思ったら、気軽に連絡してみましょう。着物買取の前には必ず査定がありますが、着物を持って行った方がいいのか、自宅などでみてもらった方がいいのか何とか高く売りたいと思う方は、どんな買取でもそうですが、持ち込みの方が有利です。もし納得いく査定額でなかったとき、他のお店の査定に持って行きやすいからです。

いろいろな事情で出張査定しかない場合、出張査定の料金がかからず査定後に買取を断ることも可能と明文化している業者に依頼しましょう。五十年くらい前までは女性が和服を着るのは普通のことでした。着物を買い取ってほしい方の大きな関心事は、買取業者を決めるときにどうすれば良い業者を探せるのか、見当がつかないことです。今は、ネットで全国の業者を探すことができ、宅配で買い取ってもらえるので却って迷うのではないでしょうか。古着屋で着物も扱うところが多いのですが、ある程度着物としての価値があれば、着物買取の専門店に持ち込んだ方がいいのです。専門店ならば、着物の価値を十分知っている鑑定士の査定を受けられるので、大きな損はしないで済むでしょう。(参考:着物買取査定のポイント | 売りたい、処分したい人必見

Featured

七五三の着物を購入するかレンタルするか

20150722194407長女がちょうど三歳の誕生日を迎えたころ、家族の中で七五三のことが話題に上りました。
いろいろと話していくうちに

『着物はどうするのか』

という話になり、私はレンタルで十分ではないかと自分の意見を述べました。
しかし私の母が、どうしても購入すると言って譲りません。

私は本心では購入に反対でしたが、結局母に押し切られる形で、娘の着物を購入することになりました。
そんな七五三の時期も終え、現在長女は小学三年生です。

娘は今でも時々、タンスを開けてその着物を嬉しそうに眺めることがあります。
私はそんな娘の姿を見たとき、母の意見に従って着物を購入したのは正解だったと感じたのです。

Featured

粋なお嬢さん

平日の昼間、空いた電車の中で彼女は一際目立っていました。年の頃なら二十歳そこそこ。まだ若いお嬢さん。時代錯誤の言い方かもしれませんが、お嬢さんという言葉がまさにピッタリ。

渋めの着物に黒い足袋を履いて、俯きがちに車両の端でドアに軽く身を預けて立っている姿は、まるで映画のワンシーンのようでした。若い子の着物姿というと、お正月か成人式、あとは観光地でと言う感じの姿を見かける程度です。ふとした動作にも違和感を感じつどころか、着慣れた感が漂ってきます。

若い子の綺麗な着物姿を久々に見た気がしました

初日から横綱が敗れる事の考察

大相撲の秋場所の初日を迎えて、結果として大関の全員が勝利をして、横綱の1人が敗退するという波乱の幕開けになった事は珍しいと思いました。横綱は小結に寄り切りで敗退したが、相撲の内容と見ていて意外にもあっけなく負けたという印象を受けました。長い相撲を行ったり、観客に興奮を与える内容で負ける事が印象的でしたが、今後の取り組みに注目したいと思います。

初日から横綱が負けた例は多かったが、あっけない相撲の内容にもかかわらず多くの座布団が土俵に向かって投げられた事も気になりました。最近の大相撲では横綱が敗退しても座布団が飛ばない事もありましたが、初日の対戦で多くの座布団が投げられた事は不思議であると思います。

秋場所の初日の結果を見て珍しい結果になったが、30回以上も優勝経験のある力士である事を考慮して、まだまだこの先の結果は分からないという事を感じています。連敗を繰り返さなければ、簡単に優勝の戦線から降りる事はないので、今後の星の取り合いの状況に期待しています。

新しい相棒に反町くんが決まりました

ドラマ相棒、4代目は誰になるかドキドキしていましたが、反町くんに決まりましたね。
反町くんのドラマは昔から好きで、織田信長の着物姿とか、最初に見たのがビーチボーイズです。
竹野内くんとのコンビは最高で、いつも楽しく見ていました。
そんな反町くんも、もう41歳になるんですね。
反町くんのよさは、とても面白くて、みんなを楽しませてくれることです。
そして、GTOではとてもガッツのある教師役に、挑戦しましたね。
今回は、刑事役なので、事件をどんなふうに解決してくれるのかが楽しみです。
水谷さんとの会話も、すごく興味があります。
相棒は、亀山くん時代からずっと見ていて、神部くん、かいくんとみんな好きです。
最近お正月に、テレビを見なくなったので、お正月の相棒スペシャルはとても楽しみなのです。
相棒は、犯人をいつも予想しているのですが、意外な展開になることがあります。
謎解きだけでなく、そのときに出てくる人間関係や、できごとが時代に合っています。
作者はどうして、こんな内部のことをよく知っているんだろうとおもうことがあります。
犯人は当たっても外れても楽しいのです。
ゲストの方も、大物女優さんや実力派の俳優さんが、すばらしい演技をしてくださるのでそれも見ごたえがあります。

街で見かける素敵な着物姿

時々街中で着物を着られている方を目にします。皆さん洋服を着られる時代であえて着物を着られている方を見ると、とても心が踊ります。

お淑やかに見えとても素敵です。やはり日本人に生まれたからには着物を着て生活をしたいと憧れを持っているのですが、金銭面の問題もあり中々実践するまでには至りません。高いものは100万円を超えますし、かといって安いばかりでは文化がすたれます。

なので、思うだけしかできませんが美しく着物を着て歩いていらっしゃる方を見てはうっとりさせてもらっています。もっと着物が身近な服装として感じられるようになれば良いなと強く思います。

もう少し年齢的にも落ち着けた時には是非着物で生活したいと思っています。それまで、家にある着物は大切に保管しておくつもりです。もっとも着物は買取をしてくれるところもあるので、そういったところをうまく活用するのもいいですね。

吉田喜重

吉田喜重監督の作品を見ていますと、着物というのは、とても脱がせやすいのではないかと思えてきます。洋服ですと、脱ぐのに時間がかかるものの、着物ですと、帯を解くだけで脱げてしまいます。

「エロス+虐殺」でも、たぶんそんなシーンが出てきたのではないでしょうか。こういうシーンは洋画では出て来ようがないわけであり、着物は色っぽいシーンに貢献しています。もっとも帯で結ぶという民族衣装は他にもあるようにも思われますが。